社員同士で話し合いながら、試行錯誤してつくられた評価制度やスキルアップ支援制度などの福利厚生制度を紹介しています。
会社説明会等でよくいただく質問も掲載しております。

公正かつ明確な評価制度の導入

アスパークでは、エンジニアの満足度を高め、アウトプットの質を高めるために、明確な人事制度・公平な評価制度を導入しています。
この背景には、エンジニアからの

『何が評価されるのかを知りたい』
『貢献した人・技術スキルの高い人が報われる制度が欲しい』
『どうすれば給与に還元されるのか』
『評価に基づく客観的指標が欲しい』…


といった声がありました。
それらの答えを出すために、明確な評価基準・市場ニーズとの連動性といった内容にこだわり、エンジニア自身がオープンでフェアと納得できる評価制度の導入を図ることを決意し、何度も議論と手直しを繰り返しながら完成させていったのがこの制度です。
つまり、「何が評価され」「どれだけ評価され」「エンジニアとして目指すべき方向はどこか」といったことを客観的指標を用いて示すことができる評価制度となっています。この制度は『ジョブグレードの制定』と『評価基準の決定』の大きな二つの項目で構成されています。
これら二つの構成を決定する要素が「基盤スキル」「技術スキル」「貢献度」です。

評価領域

アスパークでは、評価要素をそれぞれこのように捉えています。
そして、エンジニア個人としてのスキルと組織人としてのスキルは、社会人としての基盤となるスキルの上に構築されるものと考えています。そのため、JOBグレードの決定や評価基準の決定にはこれらを複合的に組み合わせて判断しています。

JOBグレード

人事考課プロセス

当社での、人事考課の一般的なプロセスは下図のようになっています。
下図プロセスの一つ一つ且つ一人一人の決定に時間をかけています。この結果、客観的かつ明確なJOBグレードの決定・給与設定が行なえています。

スキルアップ支援制度
通信講座受講補助 遠方に住んでおり、研修拠点に出向くのが難しい社員用に、通信講座受講費用の補助を行なっています。
資格補助手当・書籍購入補助 業務上必要な資格について、受験費用や書籍購入の補助を行なっています。
TOEIC受験費用補助 エンジニアのスキルとして欠かせなくなってきた英語力の向上のため、TOEIC受験を目指す方に手当を支給しています。
土曜講座 ※補助費用 土曜講座の講師に授業コマ数に応じた手当を支給しています。