「個人に光をあてた組織を構築する」という思いで起業してから早くも9年が過ぎ、グループ会社を含め社員数も1000名を超えるまでに成長してまいりました。 この間に、リーマンショック・関東東北の大震災・政界再編と様々なことが起こり、市場環境もめまぐるしく変化しています。
このような環境下においても、会社が成長し続けることができたのは、会社を支えて下さっている企業様、 関係先様、そして一人ひとりの社員のおかげであると感謝しております。
皆様の力の支えにより、そして一人ひとりがさらに力を発揮できる環境を創り出していくことで、アスパークは今後も飛躍的な成長を遂げていきます。

そのために私どもは今後、「一人ひとりの成長」と「新しい価値の創造」という2つの項目に取り組んでまいります。 私どもは設立当初から、「技術開発」の向上を目的とするエンジニアリングアウトソーシングに取り組んでまいりました。 環境が変化しても、『高い価値を持った人材の必要性は不変である』という考えが変わることはありません。 そして、高い価値を持つ人材となるには、個々人が持っている力を最大限に引き出すフィールドと一人ひとりの弛まない努力が必要です。
そこで、「一人ひとりの成長」を実現するために、キャリアカウンセリングと人材教育及び人事マネジメントに力を注ぐと同時に、ポジティブに新しいことに挑戦し続ける風土を根付かせ、エンジニアリングアウトソーシングというフィールドで大きくはばたかせていきます。

また、継続して展開している医療関係者を中心とした人材紹介事業やwebシステム 開発事業については、今後のアスパークを支える事業体として成長をさせてまいります。 2014年からは、アウトソーシング事業で培った技術力を元に、2017年発表を目指した電気自動車の自社開発にチャレンジしています。
社内での開発能力をもち、市場へ製品を投入することで、「一人ひとりの成長」と「新しい価値の創造」を実現へと近づける事業であると考えています。
世界一のヒューマンカンパニーへと飛躍するためには、これらの事業体について、国内のみならず、グローバルに展開することが必要であり、早々に準備を進めていきます。 私どもは、社会が求めるニーズを的確にとらえ、スピードを上げて付加価値の高いサービスを提供するために、貪欲かつアグレッシブに「新しい価値の創造」を達成すべく失敗を怖れずに挑戦し続けます。
これら2つの「一人ひとりの成長」と「新しい価値の創造」ということを実現することで、アスパークの社員が、様々な分野でリーダーシップを発揮し、社会構造の改革に貢献できるよう更なる努力を続けてまいります。

そして、「一人ひとりが輝き続ける」という設立当初からの理念を実現させます。
私どもアスパークに御期待下さい。

株式会社アスパーク
代表取締役 吉田眞教