【仕事内容】電気計装機器に対する耐震解析
【入社年月日】2015年4月
【得意分野】情報科学、材料力学
【自己PR】
今の外勤先が就職後初の職場ですが、3年弱経った現在、作業チームリーダーとして仕事を任されていることにやりがいを感じています。

アスパークを選んだ理由

私がアスパークを選んだ一番の理由は、成長期にある会社であると感じたからです。私が就活をしていた時、社員数1000名弱にも関わらずその年の内定承諾者が既に100名程度いる、ということに驚かされたことを覚えています。また、本社で行われた説明会や面接の際、他社では感じた形式に当てはめられた堅苦しい感じや、上司や先輩方との壁のようなものは感じず、フランクな社風であったことも選ぶきっかけとなりました。

就職活動で感じた不安な事

正直最初は特定派遣という雇用形態を理解していなかったため、「(学生の時点で)友達がやってる、バイトのような感じの仕事?」「派遣先での仕事が一段落ついたら、次の仕事が見つかるまでお給料が出なくて、生活に困るんじゃないかな…」など、不安というよりは、分からないことだらけで先が見えない感じでした。

アスパークの面白いところは

格式張っていて息が詰まるような、就活をしていた頃にイメージしていた「The・会社」という感覚は全く無く、肩の力を抜くことが出来る雰囲気が良いと思います。毎年本社で行われる健康診断の際、レントゲン検査待ちの長い列で、入社間もない自分たちに混ざって社長も並んでいるとこに気付いた時は、「俺ら社長やったら絶対順番抜かしてるなぁ」友達と笑ってしまいました。ゆるいところはゆるいですが、いざ仕事の話となると(この人って、こんな出来る先輩やったんか…!)と驚かされることも、面白いことの一つです。